男性

男性の血糖値(空腹時血糖値、ヘモグロビンA1c)の

正常値の割合平均値の推移を確認していきましょう。


当然の事ですが、男性も年齢を重ねるごとに、

血糖値もA1cも正常値からどんどん離れていきます。

血糖値が高い原因について


<男性>
空腹時血糖値 正常値の割合(110未満)
男性 30代 40代 50代 60代 70代
正常値の割合 89% 86% 81% 68% 61%
男性の空腹時血糖値の正常値の割合をみると、

50代後半から60代にかけて、

一気に正常値でなくなる方が増えていきます。


男性は60代に入ると、

30%以上の方が正常値ではないというデータです。


<男性>
空腹時血糖値とヘモグロビンA1cの平均値
男性 30代 40代 50代 60代 70代
空腹血糖 96 100 106 112 112
A1c 5.1% 5.4% 5.7% 5.8% 5.7%
※表内の「〇〇代」は、その年代の特長


男性のヘモグロビンA1cの平均値は、

70代でも5.7%と正常値を保持しています。


しかし注意する点は、やはり空腹時血糖値でしょう。

60代70代の男性の平均値は、境界型糖尿病となる112mg/dLです。


この数値に家系的な遺伝要素や今までの食生活や運動習慣などの

悪い要素が重なれば、糖尿病の領域へ踏み入れる事になるでしょう。


スポンサーリンク



━━━━━━━━━━━━━━━━━━


男性

・40代からの生活習慣がポイント!
・カロリー&糖質を意識した食生活を送る
・運動習慣を身に付ける
・飲酒は控えめにする
・働き過ぎない
・趣味に没頭し、ストレスを溜めない

30代までに血糖値が正常値を超えてしまった男性の場合、

遺伝的な要素と今までの悪い生活習慣の要素が重なってるケースが

多いと言われています。


そして40代以降であれば、積み重なった生活習慣が主な原因でしょう。

男性の皆さん!人生を謳歌するために、

血糖値の正常値に向けて、健康改善に取り組んでいきましょう。


食生活の改善には、カロリー制限食糖質制限食

生活習慣病の対策には、運動療法が必要です!

血糖値を下げる方法



スポンサーリンク




サブコンテンツ

ソーシャルボタン SNS



  • スポンサーリンク

    特定保健用食品

    フィットライフコーヒー

    伊藤園のトクホのお茶

    このページの先頭へ