カーボカウント

今回は、カーボカウントについてです。

2つの糖尿病の食事療法(カロリー制限食と糖質制限食)は

既に有名ですが、一部のインスリン利用者又や非投薬糖尿病患者には、

今回ご紹介するカーボカウントを

糖尿病の食事療法として利用してる方がいらっしゃいます。


インスリン利用者、非投薬糖尿病患者は、

どのよにカーボカウントを利用するのか説明します。


    インスリン利用者カーボカウント

    もともとカーボカウントは、Ⅰ型糖尿病の

    インスリンを注射してる方が行っていた食事療法で、

    自分は糖質1g摂ると何mg/dL血糖値が上がるのかを

    事前に調査しておき、

    血糖値の上昇度に合わせて

    インスリン注射の量(単位)を決めていく


    血糖コントロール方法です。


今は食べ物や料理の糖質一覧表の本もありますので、

食べる前に食事の総糖質量を数え(カーボカウント)、

食後2時間の血糖測定を繰り返して、

自分は糖質1g摂ると何mg/dL血糖値が上がる」か

把握する事が出来ます。


そして、毎回食べる前に食事のカーボカウントを行い、

その食事をすると何mg/dL血糖値が上がるから、

インスリンを何単位打とうと決めていく訳です。


通常は、食べるものに関係なく、医師から食前は10単位・・

と打つ量を決められるのが普通ですが、

カーボカウントは、食べるものによりインスリンの単位を

変化させる訳(料理により糖質量は違うから)です。


このカーボカウントは、

非投薬糖尿病患者でも利用してる方がいます。


例えば、食事のカーボカウントを行い、

インスリンの代わりに食後1時間から運動を当てます。

私の場合、ウォーキング40分で血糖値が50mg/dLほど

下がりますので、運動して下がる分だけ糖質を摂っても

大丈夫という事になります。


スポンサーリンク




━━━━━━━━━━━━━━━━━━


     非投薬糖尿病患者カーボカウント私の場合

    食前血糖値110mg/dLとして、食後2時間の血糖値を

    160mg/dLまでにしたい場合ウォーキング40分で相殺出来るのは

    50mg/dLですので、合計210mg/dLまでは

    糖質により血糖値が上昇しても大丈夫という計算になります。

    210mg/dL-110mg/dL=100mg/dL分の糖質摂取が

    許される訳です。

    2型糖尿病の平均は、

    糖質1g=3mg/dLの上昇ですので、

    糖質33gほど(おむすび1個)ならウォーキングして、

    食後2時間が160mg/dL未満に収まる計算になります。

楽天市場(本)
はじめてのカーボカウント3版 [ 坂根直樹 ]


このようにカーボカウントは、糖質量に比例して上がる血糖値を

インスリン注射又は運動で調整する方法を指して言います


糖質に焦点を置いてる点では、糖質制限食と同じと言えます。


ただカーボカウントは糖質制限食に比べ、糖質を少し摂ってインスリン

又は運動で下げる・・・という点で、栄養バランスを保て

運動習慣が身につく良い糖尿病の食事療法だと言えるのです。


しかし血糖値への速効性・・・という点で、カーボカウントは

糖質制限食にはかないませんので、ご自分の空腹時血糖値

ヘモグロビンA1cの状況を見て、カロリー制限食糖質制限食

または今回のカーボカウントのどれが良いか

又は組み合わせるのが良いのかを考えるのがいいでしょう。



スポンサーリンク




サブコンテンツ

ソーシャルボタン SNS


  • スポンサーリンク

    特定保健用食品

    フィットライフコーヒー

    伊藤園のトクホのお茶

    このページの先頭へ